クレジット現金化を利用する初心者の方への入門書

クレジットカード現金化の利用停止に対する疑問を解消します!

更新日:

利用停止

クレジットカード現金化を利用すると利用停止になるなんて聞いたことありませんか?

「利用停止なんて本当になるの?」
「利用停止になるとどうなっちゃうの?」

など、不安な人もいるでしょう。

クレジットカード現金化は利用停止になる可能性もあります。

利用停止になってしまうと利用額を一括返済を請求されたりなどするのです。

しかし、クレジットカード現金化には利用停止にならない方法もあります。

優良な現金化業者を使う事で利用停止を避ける事ができます。

とは言っても、優良業者について調べるのも面倒ですよね。

そこで、おすすめの優良現金化業者をランキングにしておきました!

こちらから自分に合う現金化業者を選んでみてはどうでしょうか。

しかし、どうしてクレジットカード現金化をすると利用停止になってしまうのでしょうか?

その理由は、クレジットカード会社が利用規約で禁止しているからです。

これは、どこのカード会社も同じことなので自分は平気なんてことありません。

この記事では、クレジットカード現金化の利用停止に対する疑問を解消しています。

以下のような疑問がある人は読んで損はないです!

  • クレジッとカード会社が現金化を禁止している理由って?
  • 利用停止になるとどうなるの?
  • 利用停止にならない方法はあるの?

これから現金化を利用する人は、この記事を読んでから安全に現金化をしてください。

それでは、クレジットカード現金化の利用停止について見ていきましょう。

クレジットカード会社が現金化を禁止している理由

利用停止になる理由

カード会社が現金化を禁止するのには、いくつか理由があるようです。

その中でも、「利用者が返済できなくなる可能性を減らす」
この理由が一番大きいのではないでしょうか。

当然、クレジットカード現金化の利用者は最終的にはカード会社に支払いをしなければいけません。

利用者が返済できなくなってしまうとカード会社には大きな損害が発生します。

クレジットカード現金化は違法ではないですが、カード会社の利用規約に反してしまう事を覚えておきましょう。

しかし、クレジットカード会社が現金化業者の存在を知らないわけがありません。

クレジットカード会社は現金化業者を黙認している事になります。

カード会社は利用者がカードを使う事で利益を得ていますね。

なので、ショッピング枠を少しでも多く使ってほしいのです。

現金化業者はカード会社にとっても少なからずメリットがあるという事ですね。

それにもかかわらず、クレジットカード現金化はカード会社にバレてしまうと利用停止になってしまうのです。

クレジットカード現金化で利用停止になる人はどうしてバレるの?

カード会社にどうしてバレたのか

では、どうしてカード会社に現金化をしたことがバレてしまうのでしょうか?

現在クレジットカードは、誰でも持っているほど身近なものになりましたよね。

そんなクレジットカードですが、調べてみたところ発行枚数は2億枚を超えているようです。

そんな数のクレジットカードの中から、現金化目的のカードをどう見つけ出すのでしょうか。

それは、自動検知システムが現金化の疑いがある人を見つけ出すのです。

自動検知システムが現金化を疑う条件は、以下の通りです。

  • 換金率の高い商品を購入する
  • キャッシング枠を使い切った状態での現金化

換金率の高い商品を購入する

商品券やブランド品などの換金率の高い商品をクレジットカードのショッピング枠で、購入してしまうと自動検知システムが作動します。

一度なら問題ないかも知れませんが、回数が増すごとに作動の可能性は高いです。

商品券やブランド品だけではなく家電などでも同じことが言えます。

確かに、一台で十分な家電を何台も買っていたら現金化を疑われても仕方ないですよね。

キャッシング枠を使い切った状態での現金化

クレジットカード現金化は、お金に余裕がないと頼ってしまいますよね。

なので、カード会社側もキャッシング枠を使い切った人のショッピング枠の利用には特に注意深くなっています。

キャッシング枠を使い切った上で、ショッピング枠を使う回数や金額が増えると現金化を疑われるという事ですね。

現金化を利用する時は、ショッピング枠だけなくキャッシング枠にも注意いておきましょう。

このような理由から、カード会社に現金化を疑われてしまうようですね。

クレジットカード現金化を疑われた時の対策

現金化を疑われた時の対策

では、自動検知システムが作動して疑われてしまったらどうしますか?

自分は大丈夫と思って油断していると、いざという時に焦って余計に怪しまれてしまいます。

対策を紹介するので、知っておいて損はないでしょう。

クレジットカード現金化を疑われた時の対策は、以下の通りです。

  • カード会社からの電話を無視しない
  • 聞かれても現金化のことは言わない
  • 疑われてからは現金化を利用しない

カード会社からの電話を無視しない

カード会社からクレジットカード現金化を疑われると電話が来ます。

この時、現金化利用者は電話を無視しようとする人が多いでしょう。

しかし!それは絶対にやってはいけません。

その行為は疑いを深める事になります。

普通カード会社から電話があれば不正利用や何かあったのでは思うはずです。

しかし、現金化というやましい事があり内容に検討がつく場合無視してしまいます。

カード会社はそこまで分かっているので、余計に怪しまれる事になりますね。

現金化のことは聞かれても言わない

クレジットカード現金化を疑われるのは、カードの使い方に関係していることを説明しましたね。

とはいえ、疑われているだけで証拠なんてありません。

電話が来ても「今月は友人の誕生日だった」
などと言えば、カード会社にバレる事はありませんよね。

しかし、確認の為に色々聞かれる事もあるので「いつ」「どこ」で買ったかなどは覚えておきましょう。

疑われてからは現金化を利用しない

電話の確認が終わったからと言って安心はできません。

まだ疑われていると思っておいた方がいいでしょう。

疑いの電話が来た時点で、かなり厳しく監視されていることは間違いないです。

少なくとも、電話のきたカード会社のクレジットカードを使っての現金化は利用しないようにしましょう。

一度疑われただけなら電話の確認で済みますが、二度目は即利用停止なんて事もあります。

クレジットカード現金化で利用停止になるとどうなるの?

利用停止になるとどうなるか

クレジットカード現金化で利用停止になってしまった場合、どうなるのでしょうか?

利用規約に反して利用するわけなので、当然罰を受ける事になります。

クレジットカード現金化で利用停止になると、次のような罰を受けます。

  • 使っていたクレジットカードが使えなくなる
  • 信用情報に事故情報が保存される
  • 利用額の一括返済を請求される

使っていたクレジットカードが使えなくなる

利用停止という言葉の通り、当然カードは使えなくなってしまいます。

携帯料金や生活費などをまとめて管理出来たりと便利ですよね。

しかし、利用停止になってしまえば使う事ができないので何かと不便な事が増えてしまうでしょう。

支払い方法の切り替えを行う必要があり、面倒ですよね。

信用情報に事故情報が保存される

信用情報には、最大5年間事故情報が保存されてしまいます。

信用情報は様々な審査に使われますのでカード審査や住宅ローンなどの審査にも影響が出てきます。

というより、審査にはほぼ通らないと思った方が良いです。

このような状態を「ブラックリスト」といいます。

利用額の一括返済を請求される

クレジットカード現金化で利用停止になった場合、未払いの利用額を一括返済が請求されます。

このような場合は、支払い期日を待つことなく即時に求められてしまいます。

少額ですぐに返済できる額であれば問題ないと思います。

しかし、お金に困っていたから現金化を利用したのではないですか?

お金が必要で現金化したのに、一括返済なんて難しいですよね。

最悪の場合、給料や銀行口座を差し押さえられて借金が会社にバレる事にもなります。

そんな事にはなりたくないですよね。

クレジットカード現金化で利用停止にならない方法を詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化で利用停止にならない方法

利用停止にならない方法

利用停止のリスクが分かっても、今お金に困っていたら現金化を使いたい気持ちも分かります。

そこで、クレジットカード現金化で利用停止にならない方法を紹介します。

今回は、以下の2つの方法を紹介します。

  1. 飲み会を利用した割り勘によるクレジットカード現金化
  2. 現金化業者を利用したクレジットカード現金化

飲み会を利用した割り勘によるクレジットカード現金化

飲み会の代金を払って友人から現金化を集めるだけです。

この方法はほぼ100%利用停止にはなりません。

クレジットカード会社が現金化目的と疑うわけがありませんよね。

換金率も100%。安全性も100%補償されます。

ですが、大きな金額の現金化には向いておらず1万円~3万円程の現金化になると思います。

詳しく説明しているので、こちらも合わせてご覧ください。

現金化業者を利用したクレジットカード現金化

最初に紹介したような現金化業者を使う事で利用停止のリスクは減らす事ができます。

自分で行う現金化と何が違うか知っていますか?

それは現金化業者ならではの現金化方法を使っているのです。

現金化業者の多くは「キャッシュバック方式」という現金化方法を使っています。

キャッシュバック方式とは、名前の通り商品を買うと現金がキャッシュバックされます。

携帯ショップなんかで「ご契約して頂ければ1万円をキャッシュバック!」
なんてものを見たことはありませんか?

それと同じようなものなので、普段の買い物のように気軽に行えますね。

キャッシュバック方式について詳しく解説している記事がありますのでご覧ください。

まとめ

クレジットカード現金化で利用停止のまとめ

クレジットカード現金化には、利用停止になるリスクがありましたね。

今回は、クレジットカード現金化で利用停止になる理由と対策を解説しました。

何かと便利な現金化ですが利用停止になった場合のデメリットが大きいですよね。

なので、少しでもリスクを減らす為にも優良な現金化業者の利用をおすすめします。

現金化業者を使えば、自分の希望金額の現金化が可能です。

優良業者であれば、高換金率・即日の入金も可能になっています。

最初のランキングの他にも、優良業者を一覧でまとめておいたのでこちらをご覧ください。

優良店一覧はこちら

-クレジット現金化を利用する初心者の方への入門書
-,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.