現金化優良業者一覧

そのサービスは悪質か?【キャッシュライン】実態とサービス内容

更新日:

キャッシュラインのTOP

評判を受けている現金化業者は必ず『良い評価と悪い評価』を受けているものです。

なぜそのような現象になるのでしょうか?

その理由は『換金率の問題』と『業者間での潰し合い』の2つが大き関わってきます。

まずはその理由をご説明いたしましょう。

現金化業者の宣伝戦略

現金化業者の宣伝戦略

業者間の潰し合いと言いましたが、これはヤクザの抗争のような物理的な潰し合いではありません。

極論を言えば、スーパーやコンビニ、大手の電気屋なども行っている方法と何ら変わりはありません。

近くに同じサービスのお店があった場合、自分のお店をアピールする時はその近くにある店舗を比較対象にしますよね?

現金化業者はそのインターネット上にありますから全業者が隣接している店舗のようなもの。

なので、自分の業者以外全ての業者が比較対象となります。

そうなれば優良であればあるほど、ほかの業者から集中攻撃を受ける事は目に見えています。

中には悪評を流してその業者の利用者を自社に持ってこようとする過激な業者も存在しています。

そのような宣伝戦略によっていつしか現金化業者の正しい評価は、他の業者の戦略によって分からなくなってしまいました。

それが今の現金化業界の姿なのです。

有名な業者であればあるほどその評価は真逆の物が出回っているんです。

しかし、そんな評価の中でも実際に利用してみて悪評だと語られている業者いるのも現実。

この現象はなぜ起こるのかを説明させていただきます。

換金率のよくある勘違い

換金率の換金率

『本当の換金率』という言葉を聞いたことがありますか?

本当の換金率というのは、実際に現金化を利用した際に適用される換金率の事をいいます。

現金化業者のサイトに表記されている換金率は実際の所、その数値のまま現金化をしてもらうことは出来ません。

その理由は最大換金率だからというものですが、現金化業者に記載されている換金率は一つではないのです。

キャッシュラインの換金率を例にご説明させていただきます。

最大換金率と本当の換金率の違い

最大換金率と本当の換金率の違い

キャッシュラインの換金率は98.8%とサイトにも書かれていますが、これが最大換金率だということは皆さんご存じですよね?

実は最大換金率で表記されているものは他にもあるんです。

それがこの換金率表の換金率なのです。

ご利用額 当日プラン 通常プラン 法人プラン
1万円以上~15万円未満 88% 89% 90%
15万円以上~30万円未満 90% 91% 92%
30万円以上~50万円未満 92% 93% 94%
50万円以上~80万円未満 94% 95% 96%
80万円以上~ 96% 97% 98%
100万円以上 98.8% 98.8% 98.8%

この換金率表は一見金額別の換金率にも見えますが、実はそうではありません。

これは『金額別の最大換金率』となっているんです。

金額別の最大換金率とはつまり『1万円~15万円の現金化を利用した時に当日プランでの申し込みだと上げれる換金率は88%までだね』と言われている解釈で構いません。

では、88%で現金化をしてくれるのか?と聞かれるとそうではありません。

最高で88%なので、それこそ超お得意様でたまに適用してくれるぐらいの出現度合いです。

それぐらい最高換金率というものは出にくいものだと思っていた方がいいでしょう。

では本当の換金率はどのぐらいなのか?

という質問ですが、現金化業界では80%を超えれば優良業者と言われています。

このような情報を知っている利用者は極わずか、もしもこのことをもしも知らない人がキャッシュラインで現金化をしたら?

もしくはその前に、キャッシュラインのサービスが悪いという内容の記事についての記事を読んでいたら?

『やっぱりキャッシュラインは悪質なんだ!』

という考えになって当然ですよね?

そのような現象が起こってしまっている為、キャッシュラインの評判は悪質と言われている可能性が充分に考えられます。

現金化業者は実際に利用しなければわからない

現金化は利用しなければわからない!

以上のことから、現金化業者のサービスは実際に利用しなければ分からないと言われているんです。

では、キャッシュラインの本当の現金化サービスの詳細は?

そこで、実際にキャッシュラインを利用してそのサービス内容を調べてみました。

その結果、キャッシュラインの換金率は81%でした。

入金速度も悪くない50分という時間での入金をしていただける事ができました。

81%は先ほどの換金率の話でなんとなく理解できる方は多いでしょうが、入金速度が50分で早いと言っている事については納得しにくい部分があるかもしれませんね。

この入金速度の答え合わせですが、新規の利用者は必ず個人情報の登録と本人確認が必要になっています。

その為、必ずリピーターよりも入金までの時間が掛かってしまうのです。

個人情報の登録はその業者によって大きく変わってきますが、1時間を着れば優良と言われています。

長い場合だと3時間や翌日に入金なんてこともあるそうです。

キャッシュラインはギリギリではありますが、1時間を切っている50分という結果になりました。

この2点からキャッシュラインは優良業者ということがわかります。

優良業者と悪質業者の違い

優良と悪質の違い

優良業者と悪質業者の大きな違いは『利用者が満足するサービスを提供できるか?』というところです。

このサービスの多くが換金率とされているのは否定できません。

なので、現金化業者は換金率を重点的に上げる努力をしていますが、それは自分の身を削っている事と同じと言っても差支えはありません。

自社の利益を削りつつどれだけ利用者へサービスを提供できるか?という事が優良業者と悪質業者の大きな違いなのでしょう。

キャッシュラインは利用者を考えた現金化サービスを提供していると言うことは十分に言える現金化業者です。

業者選びにお悩みの方は是非ともキャッシュラインに一度足を運んではいかがでしょうか?

キャッシュラインのTOPページへ

口コミ評判: 4

-現金化優良業者一覧
-, , ,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.