換金率の基礎知識

クレジットカード現金化の換金率の仕組みや内訳

更新日:

現金化の換金率の仕組みや内訳

クレジット現金化を比較するために一番重要なのは換金率ということはわかりますが、この現金化の換金率の内訳はどのようになっているのでしょうか?

カード現金化を運営している会社は慈善事業やNPO法人ではありませんので

POINT

  • 運営するための費用
  • 人件費
  • 会社の利益

が必要となります。

さらに、このクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるための決済ラインや商品の仕入れもあります。

一般的な現金化サイトの換金率の内訳はクレジットカード現金化を営業するための基本的な費用がメインとなっているのです。

変動する換金率の仕組み

一般的な現金化サイトの場合、顧客単価を調整するため少ない金額での利用の場合は換金率が低くなり、反対に高額での利用であれば高い換金率で現金化することができるような仕組みとなっているのです。

極端な例えにすると、
10万円なら90%の換金率で利用できますが、5万円だと80%にしかならないサイトがあるとします。

POINT

  • 決済金額10万円-送金額10万円×90%=売り上げ1万円
  • 決済金額5万円-送金額5万円×80%=売り上げ1万円

このように利用金額によって換金率が変動するのが一般的な現金化サイトです。

一律の換金率の仕組み

では、「完全一律90%の換金率」を表示している現金化サイトはどのような仕組みかというと、ユーザーからすると一定の換金率の方が安心感があり、利用するときもわかりやすい点があります。

カード現金化のトラブルでよくあるのが「最大95%の換金率と表記されていたのに実際は70%だった」などのようなケースが非常に多くあります。

これは最大では95%なのですが、金額やプランにより換金率が変動するため70%になってしまった例です。

一律で表示されている換金率ではこのような心配はなく利用することができますので、トラブルになることはありません。

しかし、現金化サイトとしてはの換金率で売り上げを調整することはできませんので薄利多売となることもあります。

-換金率の基礎知識
-, , ,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.