換金率の基礎知識

クレジットカード現金化で実際に振り込まれる金額のレートの表記方法

更新日:

よくあるクレジットカード現金化のホームページには「業界トップクラスの還元率」や「高還元率でキャッシュバック」などと表記されていることがあります。
これはクレジットカード現金化を利用して振り込まれる金額のレートのことを指すもので、この数字を見て利用者は現金化業者を選定しています。
レート表現の方法は主に、

POINT

  • 換金率
  • 還元率
  • 買取率

とありますがこの違いについて解説していきます。

もっとも多く使用されている換金率

クレジットカード現金化でもっとも多く使用されるレートの表記方法が換金率です。換金率はクレジットカード現金化のどの方法でも使用されています。
「換金」という意味はお金に換えるということからクレジットカードのショッピング枠をお金に換える割合が換金率となりレートの総称として多く見られます。

キャッシュバックで使われる還元率

クレジットカード現金化では大きく2通りの方法に分類されますが、インターネットで営業する大半の現金化サイトで行われているのがキャッシュバック付き商品を購入による現金化の方法です。
この方法はクレジットカード決済による購入する商品に現金が特典として還元される方法となります。購入する商品の金額に対しキャッシュバックされる金額が還元率となりますが、商品の代金に対しての還元率となることが多く別途消費税がかかることが多いので事前に確認しておいた方が良いでしょう。
もちろんキャッシュバックでの現金化もショッピング枠をお金に換えるため換金率と表記することもありますが多くの現金化業者では還元率としてホームページに記載しています。

商品の買い取りによる現金化では買取率と表現される

古典的なクレジットカードの現金化とされるのがクレジットカード決済で購入した商品を買い取る方法ですが、これは金券ショップや質屋などの買取業務と同じ内容となる現金化方法です。
よく金券ショップで新幹線の回数券を買い取る金額が区間ごとに並んでいるのを見かけることがあります。
あの買取価格一覧がクレジットカード現金化での買取率にあたります。ある金券ショップでの東京から新大阪の6枚つづりののぞみ指定席の買取価格が78,030円となっています。これをJRのみどりの窓口で購入すると86,700円ですので買取率は90%になります。
商品買取の場合、正規の店舗で購入するためクレジット決済の手数料は消費税がかからないため買取率がそのままの割合で買取価格となりますので注意する点は特にありません。

それ以外の換金レートの表記方法

クレジットカード現金化のレートの表記方法は換金率が最多となっており、現金化の方法によって還元率や買取率として表記されています。
それ以外にも表記方法はありますがごく少数となっておりごく稀に見かけることがある程度です。
まずキャッシュバック率というのがありますがこれはキャッシュバックによる現金化の還元率と同じ意味合いで使用されます。
現在ではほとんどありませんが、過去にキャンセルによる現金化の方法がありその場合は返金率と表記されていました。
最後に現金化率という斬新な表現方法もありますが、換金率を言い換えただけの言葉ですのであまり深い意味はなさそうです。
このようにクレジットカード現金化のレートは様々な表現がありますが方法や仕組みによって異なり用途も違ってきます。

-換金率の基礎知識
-, , ,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.