カード現金化オフレコ情報

クレジットカード現金化は消費者金融よりも優れた金融サービス

更新日:

消費者金融とクレジットカード現金化の比較

050405_1222

急にお金が必要になってしまった時、どのようにしてお金を工面していますか?
このような質問はキャッシングや消費者金融を紹介しているサイトでよく見かけることがあります。
必要な金額や時間、状況などによって答えは違ってくると思いますが、多くの方はクレジットカードでキャッシングするか消費者金融からお金を借りることを選択すると思います。
確かにキャッシングや消費者金融というのは大手企業が運営しているため安心して利用できる資金調達方法と言えるでしょう。
しかしこのお金を借りるだけが資金調達方法の全てではありません。
消費者金融やキャッシングに代わる新しい形の金融サービスとして多くの方が活用しているのがクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスです。
このクレジットカード現金化はお金を借りるための方法ではありませんので貸金業法や出資法ではなくクレジットカードで買い物するための割賦販売法により規制されるサービスとなります。
従ってクレジットカード現金化はお金を借りるのではなくショッピング枠を間接的にお金に換えるためのサービスということになるのです。
この点が消費者金融とクレジットカード現金化の大きな違いとなります。
それ以外の部分を比較しますと消費者金融やキャッシングを利用すれば信用情報機関に債務履歴が残りますが、クレジットカード現金化はショッピング枠で買い物をしただけの記録しか残りません。
キャッシングをすれば上限金利の高い金利が発生しますがショッピングでは比較的低金利で利用することができます。
どちらの方法でもお金を工面することが可能ですが、詳細な内容としては異なった性質のサービスなのです。
では消費者金融から借り入れするのとクレジットカード現金化ではどちらの方が優れたサービスなのかといいますと、安心感で言えば消費者金融に軍配が上がりますがそれ以外の点ではクレジットカード現金化の方が優れている部分が多くあります。
確かにテレビのCMでも流れるような消費者金融の広告に対し、クレジットカード現金化は広告を禁じられている程のマイナスイメージの強いビジネスとされています。
消費者金融は都市銀行などが親会社として運営する消費者向けの貸付部門という印象があり法律を犯すようなことはありません。しかし過払い金請求や総量規制の影響により業界全体に衝撃的なダメージを受け回復の兆しはありません。
以前は駅前に消費者金融の広告の入ったポケットティッシュを配る人がいましたが最近ではめっきり見かけなくなりました。これも消費者金融自体が衰退している影響の一つだと考えられます。
その点、クレジットカード現金化は違法な業者が数年に一度逮捕されるニュースが流れるくらいで現在でも堂々と営業を行っている印象があります。
広告を掲載することは禁止されていても利用者の需要は失われることはありません。そのため今後もクレジットカード現金化自体を抑制することはできず利用者に対して利用を控えるよう勧告するまでの対応となっています。
クレジットカードを発行している会社も危険性を促してはいますが、クレジットカード現金化を黙認している印象があり撲滅する気はないように見受けられます。
イメージという点では消費者金融にクレジットカード現金化が敵うことはありませんが利用者の需要や期待値から見ても今後活躍していくのは明らかにクレジットカード現金化ということがわかります。
2016年アベノミクス効果は失敗という意見もあり景気の動向にも左右されるとは思いますが資金調達として有効な方法は明確だということがわかります。

-カード現金化オフレコ情報
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.