クレジット現金化を利用する初心者の方への入門書

カード現金化は違法ではないが利用規約違反

更新日:

カード現金化は違法ではないが利用規約違反

クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスは世間からの印象は高金利融資を業務とする悪徳商法のように捉えられていることもありますが、すべての現金化業者に当てはまるものではありません。

確かに悪質な業者や詐欺まがいな業者は存在しているのは事実です。

それはクレジットカード現金化に限らずあらゆるサービスに潜んでおり、一部の印象が全体のものと誤認されているのです。

カード現金化に関する法律

クレジットカード現金化には主に、

POINT

  • キャッシュバックによる方法
  • 商品買取による方法

といった2つの方法に分類されます。この方法の違いにより関連する法律は異なります。

キャッシュバックによる現金化の法律

インターネットで営業する多くのクレジットカード現金化はキャッシュバックによる方法を採用しております。

キャッシュバックによる現金化の法律は景品表示法により規制されるものであり、クレジットカード現金化のキャッシュバック特典付き商品の購入は漏れなく型の例外に該当するサービスなのです。

キャッシュバックによる現金化は正規の商取引を行えば法律に違反することはありませんが、

POINT

  • 商品送付の実態がない
  • 商品を選べない
  • 明らかに価値のない商品

のような実際の商品売買とみなされない場合は、実質的な高金利での融資とされることもあります。

商品買取による現金化の法律

商品買取によるクレジットカード現金化はリサイクルショップや金券ショップと同じように公安委員会による古物商の許可が必要になります。

従って商品の買取には古物営業法で規制されることになり、当然許可がなければ無許可営業になり罰せられます。

しかし、現在まで商品買取による現金化で摘発された事例はなく安全な現金化方法とされています。

カード会社は利用規約で現金化行為を禁じている

クレジットカード現金化はきちんとした手順で利用すれば法律に違反することのない正規のビジネスです。

法律違反とはならないカード現金化ですが、カード発行会社とクレジットカード使用者の間で交わされる利用規約違反となる可能性があるのです。

どのクレジットカードの利用規約にも禁止事項に「換金目的による使用」といった内容のものは必ず含まれています。

つまりクレジットカードのショッピング枠を換金目的で使用してはいけないと決められているのです。

この利用規約違反はカード会社に発覚してしまうと、

POINT

  • カードの利用制限
  • カードの利用停止
  • 強制退会及び残債の一括請求

といった非常に厳しい措置が科される可能性があります。

クレジットカード現金化を業務とする業者も利用するユーザーも当然、利用規約違反をふまえた上での利用となります。

カード会社から見れば認められるものではありませんので、利用する際はカード会社に対して疑いをかけられることのない範囲で行いましょう。

-クレジット現金化を利用する初心者の方への入門書
-, , , ,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.