カード現金化を利用する前の準備

不正使用防止のための本人確認の手続きについて | クレジットカード現金化

更新日:

不正使用防止のための本人確認の手続きについて | クレジットカード現金化

クレジットカード現金化を業務とする事業者にとって常に警戒しているのが他人によるクレジットカードの不正使用です。

この他人によるクレジットカードで現金化を行った場合、クレジットカード所有者と現金化業者の間でトラブルになります。

所有者の知らない間にクレジットカード決済され現金化されますと見に覚えのない請求が来ることになります。当然、クレジットカード所有者はカード発行会社に問い合わせをし詳細内容を調査することになります。

すると現金化業者が提携しているネットショップが浮き上がり事情を聴かれることになるのですが、そこでクレジットカードで決済された金額がチャージバックされてしまう可能性があるのです。

チャージバックというのはクレジットカードで決済をしたが何らかの理由で決済を取り消すことをいいます。つまり現金化業者としてはただお金を振り込んだだけとなり被害を被ることになります。

このような結果にならないためにも本人確認の手続きは必要不可欠なのです。

親子や夫婦のクレジットカードの使用

旦那名義のクレジットカードで買いをしている人は少なくないと思います。

一般的に専業主婦など収入のない方はクレジットカードの審査は通らないからです。

では、クレジットカード現金化では旦那名義のカードも利用できるのでしょうか?

現金化サービスはクレジットカード所有者の了承と本人確認ができなければ基本的に利用することはできません。

つまり、例え同じ収入の中で生活をしている夫婦であってもクレジットカード所有者が申し込まなければ現金化サービスを利用することはできないのです。

夫婦というのは結婚という契約上では配偶者となりますが、契約がなければ赤の他人です。市役所に書類1枚提出すれば契約を解除することができる簡単な約束でしかないのです。

したがって長年寄り添っている夫婦であっても旦那名義のクレジットカードを現金化してしまえば不正に使用されたことになります。

クレジットカード現金化サービスは所有者本人の了承と身分証明書の確認ができなければ利用することはできないのです。

-カード現金化を利用する前の準備
-,

Copyright© クレジットカード現金化百科事典【人気15社を厳選比較】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.